2008年10月27日

電気脱毛(電気針脱毛)

電気脱毛(電気針脱毛)は、直径0.05〜0.15ミリのプローブ・ニードルと言われる針を毛穴に差し込み、電気や高周波によって毛母細胞を破壊し、発毛が起こらないようにする永久脱毛法です。レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)が導入される以前は、永久脱毛法として一番歴史と実績がありました。なお電気脱毛には、主に次の3つの方法があります。
電気分解は、永久脱毛の原点とも言える脱毛法です。プローブを毛穴に差し込み、電流を流し、毛包組織を破壊することによって脱毛します。
高周波脱毛は、フランスで考案された脱毛法です。高周波の加熱作用によって毛嚢を破壊することによって脱毛します。電気分解法より確実性がないと言われています。
ブレンドは、電気分解と高周波の長所を組み合わせた脱毛法です。ニードルを毛穴に差し込み、微量の電流と高周波を同時に流して脱毛します。
なお電気脱毛は、レーザー脱毛と比較すると費用が高い、治療時間が長い、痛みが強いなどのデメリットがあります。
posted by dddk at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱毛ワックス

脱毛ワックスは、ミツロウやパラフィンなどの融点の低いワックスを溶かし、皮膚に塗ります。ワックスが乾いた後にそれを剥がすことによって、毛根から一気に抜き取る脱毛法です。脱毛ワックスでは、発毛組織を破壊することはできない為、毛は必ず再生します。脱毛ワックスは、痛みが強いが、短時間で処理することができるのがメリットです。自己処理むいています。
posted by dddk at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱毛ワックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月26日

毛とホルモン

人の体は、ホルモンによって調整されています。女性に生理があるのも女性ホルモンの働きです。また男女の区別なく、性ホルモンの分泌量が減少すると更年期障害になることもあります。なお女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンが、男性ホルモンには、テストステロンがあります。
毛は、大きく分けて性毛と無性毛に分けられます。性毛は、性ホルモンによって生えてくる陰毛やわき毛です。男性のあごひげ・胸毛・すね毛も性毛になります。なお性毛には、両性毛と男性毛があります。両性毛は、陰毛やわき毛のように性別を問わず、性ホルモンの働きによって生えてくる毛です。男性毛は、ひげや胸毛など男性ホルモンの影響を受けている毛です。
性ホルモンは、毛の成長と同時に脱毛にも関係しています。男性に多い男性型脱毛症(AGA)や最近女性に増えている男性型脱毛症です。これらの脱毛には、男性ホルモンが関与しています。
なお男女に区別なく、男性も女性も男性ホルモンと女性ホルモンが体内に存在します。男性には、女性の約半分の女性ホルモンが存在し、女性には、男性の約10分の1の男性ホルモンが存在します。
posted by dddk at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月20日

メラニン

メラニンは、人体内で作られる色素です。メラニン色素と言われることもあります。メラニンは、メラニン細胞内のチロシナーゼがメラノサイト刺激ホルモンによって活性化され、血液中のチロシンを原料として生成されます。なおメラニンには、紫外線による体細胞の損傷を防ぐ働きがあります。なお遺伝により、メラニンが生成されない場合もある。
メラノサイト(メラニン細胞)は、メラニンを作る細胞です。メラノサイト内のチロシナーゼは、メラノサイト刺激ホルモンによって活性化され、血液中のチロシンを原料としてメラニンの生成します。メラノサイトは、毛母基・脂腺・汗腺・真皮・虹彩などに存在します。なお表皮内に存在するメラノサイトを表皮メラノサイトと言うこともある。
posted by dddk at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。