2008年10月28日

レーザー脱毛のトラブル

レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)で最も注意すべきことは、やけどです。やけどは、適切に処置しなければ、跡が残ってしまうことがあります。
レーザー脱毛は、肌にレーザーを照射し、レーザーは毛根部分のメラニンに吸収されます。同時にレーザーは、肌のメラニンにも吸収されます。この為肌のメラニンが多ければ、やけどしやすくなるのです。日焼けした部分や色素沈着の強い部分は、レーザー照射を控えた方がよいようです。
また肌にレーザーに反応する物質が付着している場合にもやけどする危険性があります。日焼け止めクリームにレーザーが反応してやけどになったケースが報告されているそうです。日焼け止めクリームや化粧品は控えた方がよいようです。
なお レーザー出力が高過ぎる場合や不安定な場合にもやけどする危険性があります。脱毛経験やメンテナンスをチェックする必要があるかもしれません。
posted by dddk at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永久脱毛の永久

永久脱毛すると本当に永久に毛は生えてこないのと疑問や不安を持つ方もいるでしょう。現在永久脱毛の主流であるレーザー脱毛(医療レーザー脱毛)は、1996年に誕生し、まだ10年ちょっとの歴史しかありません。だから20年、30年経っても毛が生えてこないという確証はまだありません。なおレーザー照射後6ヶ月経過した時点で発毛が見られなければ、医学的には永久脱毛とみなされるそうです。また米国電気脱毛協会の永久脱毛の定義では、脱毛終了後の1ヶ月経過時点で、毛の再生率が20%以下の場合には永久脱毛と認められるそうです。
永久脱毛の永久の証明には、まだ時間が掛かるようです。
posted by dddk at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 永久の意味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月27日

毛の役割

毛には、皮膚の保護機能・保温断熱機能・知覚機能などの役割があります。
皮膚の保護機能は、物理的な接触から皮膚を保護することです。大切な頭部や生殖器は、毛に覆われ、保護されています。
保温・断熱機能は、外気や太陽光から保護することです。大切な頭部は髪の毛に覆われ、保温・断熱がされています。
知覚機能は、毛への接触によって情報を伝達することです。皮膚の役割を助ける感覚機能があります。
なお人間は、進化の過程で体毛の多くが退化し、その機能のほとんど失われていると言えるかもしれません。
posted by dddk at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永久脱毛の歴史

1875年アメリカで初めての永久脱毛である電気分解法が開発される。20世紀に入り、広く知られるようになっていく。
1904年アメリカでX線を使用した永久脱毛が行われる。しかしシワやシミ、そして皮膚がんなどの副作用により衰退する。
1924年フランスで高周波脱毛法が開発される。
1948年電気分解法と高周波脱毛法が組み合わされたブレンド脱毛法が開発される。日本には1970年代に広まる。
1983年ハーバード大学のアンダーソングループが「選択的光熱融解」理論を発表。レーザー脱毛の開発がスタート。
1996年ハーバード大学のアンダーソングループがレーザー脱毛理論を確立。そしてCynosure社が初のレーザー脱毛装置を開発。
1997年日本にレーザー脱毛機が輸入される。
1999年FDA(米国食品医薬品局)がレーザー脱毛機の安全性を認め、認可。
posted by dddk at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。