2008年10月27日

電気脱毛(電気針脱毛)

電気脱毛(電気針脱毛)は、直径0.05〜0.15ミリのプローブ・ニードルと言われる針を毛穴に差し込み、電気や高周波によって毛母細胞を破壊し、発毛が起こらないようにする永久脱毛法です。レーザー脱毛(医療レーザー脱毛)が導入される以前は、永久脱毛法として一番歴史と実績がありました。なお電気脱毛には、主に次の3つの方法があります。
電気分解は、永久脱毛の原点とも言える脱毛法です。プローブを毛穴に差し込み、電流を流し、毛包組織を破壊することによって脱毛します。
高周波脱毛は、フランスで考案された脱毛法です。高周波の加熱作用によって毛嚢を破壊することによって脱毛します。電気分解法より確実性がないと言われています。
ブレンドは、電気分解と高周波の長所を組み合わせた脱毛法です。ニードルを毛穴に差し込み、微量の電流と高周波を同時に流して脱毛します。
なお電気脱毛は、レーザー脱毛と比較すると費用が高い、治療時間が長い、痛みが強いなどのデメリットがあります。
posted by dddk at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。