2008年10月20日

メラニン

メラニンは、人体内で作られる色素です。メラニン色素と言われることもあります。メラニンは、メラニン細胞内のチロシナーゼがメラノサイト刺激ホルモンによって活性化され、血液中のチロシンを原料として生成されます。なおメラニンには、紫外線による体細胞の損傷を防ぐ働きがあります。なお遺伝により、メラニンが生成されない場合もある。
メラノサイト(メラニン細胞)は、メラニンを作る細胞です。メラノサイト内のチロシナーゼは、メラノサイト刺激ホルモンによって活性化され、血液中のチロシンを原料としてメラニンの生成します。メラノサイトは、毛母基・脂腺・汗腺・真皮・虹彩などに存在します。なお表皮内に存在するメラノサイトを表皮メラノサイトと言うこともある。
posted by dddk at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。