2020年12月31日

脱毛

脱毛には、さまざまな方法があります。永久脱毛は、毛根・毛乳頭を破壊し、永久的に毛が生えてこないように処理するものです。通常無駄毛を処理しても毛根・毛乳頭が残っている限り、毛はまた生えてきます。毛根・毛乳頭を破壊することによって、初めて永久に毛は生えなくすることができるのです。永久脱毛には、レーザー・光・電気を利用する方法があります。
なおレーザー脱毛などで毛乳頭や皮脂腺開口部を破壊する行為は、医療行為とされて医療機関以外のエステなどでは行えません。以前エステなどでのトラブルが絶えなかった為、厚生省から過去に通達が出されました。トラブルに気を付けましょう。
posted by dddk at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月30日

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療レーザーによって発毛組織を破壊し、発毛が起こらないようにするものです。
レーザー脱毛は、1983年ハーバード大学のアンダーソングループの「選択的光熱融解」理論発表に始まり、1996年に理論が確立されました。その後理論に適合するレーザー装置が開発されました。1999年FDA(米国食品医薬品局)は、レーザー脱毛機を認可しました。レーザーには、ルビーレーザー・アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザーなどがあります。アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーは、皮膚に照射すると毛根部分のメラニンに吸収され、熱エネルギーに変化し、発毛組織を破壊します。しかし他の組織では、レーザーは吸収されず、熱ネルギーに変化することなく、拡散・減衰していきます。
レーザー脱毛は、費用や皮膚のダメージの少なさなどから主流になっています。


posted by dddk at 14:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | レーザー脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月29日

光脱毛

光脱毛は、波長の幅を持った光を使用するものです。さまざまな波長を含む光をフィルターにかけ、 黒い色に反応する波長だけを取り出します。その波長の光を皮膚に照射するとメラニンに吸収され、発毛組織を破壊します。なお光脱毛には、次のようなものあります。
IPL脱毛は、光のエネルギーにより、発毛組織を破壊するものです。光の照射・休止を繰り返し、皮膚表面の温度を上げずに処理できます。また毛に含まれるメラニンにしか反応しない特徴があります。
フラッシュ脱毛は、カメラのフラッシュのような光を照射して行うものです。現在最も安全で、最も肌に負担をかけない方法と言われています。
プラズマ脱毛は、従来の医療用レーザー光より波長の長いキセノンフラッシュ光と特殊偏光フィルムを使うものです。
なお医療機関以外で行う場合、光の出力は医療行為に当たらない程度に調整され、効果はでにくいようです。
posted by dddk at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 光脱毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月28日

免責事項

脱毛情報を紹介しておりますが、その内容を保証するものではありません。当サイトの情報を利用する場合、ご自身の責任で内容をご確認の上、ご利用下さい。なお当サイトの情報は、予告なく変更される場合があることをご了承下さい。
また当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害・不利益等について、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。
posted by dddk at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 免責事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。